ボトックス治療について

ボトックス治療のイメージイラスト

ボトックス治療は、脳卒中による後遺症で手足の攣縮などが起こっている患者さまに対し、症状の緩和を目的として行われます。
ボトックスは、ボツリヌス菌が産生する毒素であり、筋肉の働きを抑える作用が得られます。
この作用が筋肉を弛緩させるので、脳卒中後の手足の強いこわばり(痙縮)や痙性斜頚に対して非常に有効であり保険適用もされています。
生活の質の改善効果も高いので当院では積極的にボトックス療法を行っています。
また顔面痙攣や眼瞼痙攣に対してもボトックスの有用性が確立されており、当院でも行っています。
さら原発性腋窩多汗症に対しても使用できますのでお困りの方はご相談ください。
美容界においては"しわとり"としても広く利用されています。こちらは自費診療になりますがご希望の方は一度ご相談ください。

ボトックス治療の効果

  • 筋肉の突っ張りを抑えます
  • 歩行が楽になります
  • 家事などの辛さが軽くなります
  • 介護の負担が軽減します など

ボトックス治療の注意点

ボトックス注射により、注射部位が腫れたり、痛みを感じることもあります。
また注射部位の筋弛緩が強く出すぎることでまぶたがさがったり、口が閉じにくくなる可能性も0ではありません。
ほかに体のだるさ、吐き気、呼吸困難、嚥下困難などの症状もありますが、一時的なケースが多いと言われています。
また、注射の効果はずっと持続するわけではなく、定期的に注射しなければならないこともあります。
詳しい内容については当クリニックまでお気軽にお問い合わせ下さい。