小児科について

小児科のイメージイラスト

お子さまは季節の変わり目や暑さ、寒さなど、ちょっとした環境変化でも体調を崩しがちです。
今まで何でもなかったのに、突然様子が変わり、慌ててしまうこともあるでしょう。
乳幼児の場合は症状をうまく言葉にして周囲の大人に伝えることが出来ず、病気が重くなってから気付くことも少なくありません。

当クリニックでは地域のお子さまの「かかりつけ医」として、やさしく丁寧な初期診療をいたします。
病気のときだけでなく、健康上の不安、予防接種、育児などについても遠慮なく、ご相談ください。子育てをトータルな視点で、ご支援いたします。
なお、詳しい検査や入院が必要な場合は、提携する専門病院をご紹介いたします。

お子さまによく見られる症状

  • 発熱
  • せき
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • のどの痛み
  • ひきつけ
  • 腹痛
  • おう吐
  • 下痢
  • 便秘
  • ブツブツが出た
  • 肌がカサカサしている
  • 泣き方がいつもと違う
  • なんとなく元気が無い
  • 顔色が悪い
  • 食欲が無い
  • 不機嫌
  • おねしょ など

診療をスムーズに進めるために

お子さまの容体や症状を見て、気がかりな時は、ひとまず当クリニックまでご連絡ください。
基本的に子供は正直なので元気であれば大丈夫なことがほとんどです。
保護者の方は慌てず、落ち着いて声をかけたり、寄り添ったりして、お子さまを安心させてあげてください。
また、日ごろから容体をチェックし、把握しておくことも大切です。
以下のような内容のメモをいただけると診療がスムーズに進みますので、もしも可能でしたら、ご協力ください。

  • 今の症状はどんなで、それはいつ頃から現れたのか
  • 熱、せき、痰、鼻水、のどの痛みの有無とその状態
  • おしっこやうんちの状態
  • 食欲はあるのかどうか
  • 原因として思いあたること
  • 薬に対するアレルギーの有無
  • 現在、服用させている薬
  • これまでに経験した病気や手術、入院の有無 など